自分でできる抵当権抹消登記

抵当権抹消登記を行なうには、司法書士に依頼するのが一般的ですが、自分で行なうことも可能です。ただ、多少時間と手間がかかるようです。

サイトトップ > 抵当権抹消登記とは

スポンサードリンク

自分でできる抵当権抹消登記

抵当権抹消登記とは


抵当権などという言葉は一般的な人はほとんど耳にしないかも知れません。おそらく一生のうちに抵当権と関わることは、一回あるだけか、またはほんの数回くらいでしょう。


普通の人が抵当権と関わるのは、家を買うなどして住宅ローンを組む時、そしてその住宅ローンが終わった時です。そもそも抵当権とは住宅ローンなどでお金を借りたときに、不動産をその借金の担保として確保しておくためのものです。


他の債権者などに対抗するためには抵当権の登記が必要なことから、金融機関などで住宅ローンを組んだ場合などには、必ず抵当権設定登記をすることになります。


この抵当権設定登記をするために色々な書類を提出したりしているはずですが、基本的に金融機関側でほとんどの処理が行なわれるために、それほど抵当権というものを意識せずに登記は終わってしまうようです。


それから数十年経った後、住宅ローンを払い終わると、金融機関から抵当権の抹消登記をするようにとの連絡が来ます。こちらがお金をすべて返してしまえば、金融機関にとって抵当権の登記はもう必要なくなるわけなので、あとは自分で消して下さい、ということなのです。


抵当権抹消登記も金融機関でやってくれればいいのにと思いますが、実際には金融機関が自ら手とり足とり抵当権抹消登記をしてくれることはまずないようです。


自分でできる抵当権抹消登記

MENU



スポンサードリンク